救え!広島ドッグぱーくのわんこ達(私設応援団)

「救え!消えゆく小さな命達」アークエンジェルズさんの許可を取っていない私設応援団です。広島ドッグぱーくのわんこ達を1頭でも多く救う為にまとめサイトとして開設しました。

«  里親募集ページがUPされました!   |  home  |   とりあえず、落ち着いて  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

«  里親募集ページがUPされました!   |  home  |   とりあえず、落ち着いて  »

色々なコメントやメール

昨日から「広島ドッグぱーく里親募集」がUPされて少し気持ち的に楽になった気がします(汗)
どの子にも新しい里親さんが1日も早く見つかりますように願っております。

さて、今日はコメントで頂いた方に許可を得ましたので、転載させて頂きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みかんママ様より

私は,ボラには一度しかいきませんでしたが,代表や副代表とお話させていただいたこと,そして,直に様子を見させていただいたことを掻い摘んでお知らせします。
ネット関係は主にお一人が担当され,メール対応だけでも一日数百件。猛烈な勢いで頑張っておられるようでした。なので,どうしても更新がままならないとお察ししています。
代表はじめスタッフさんは本当に憔悴しておられます。寝るま,食べるまを惜しんで目の前のワンちゃん救出に没頭しておられました。正午近く,副代表と物資の整理をしていての一コマ。
副代表『あ~・・お腹すいたな~』
みかんママ『え!?副代表,朝ごはんは??』
副代表『ハハハ。食べてないんですf(;^^)』
みかんママ『何か買ってきましょうか?』
副代表『いえいえ,いいんですよ,これがありますから』
といってカップめんを取り出す。
毎日,毎食こんな様子でした。

世論とは恐ろしいもので,オリンピックの金メダリストでさえ,最初は持ち上げ,その後は批判というコースをたどります。私は動物愛護団体やAAさんとは何の関係もありませんが,もう少し暖かい目でワンコと活動されている方を援助できればと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現場でボランティアされたみかんママ様のコメントです。
ネットでPCの前だけで色々な情報に流されずにいられたら良いですね・・・。
私は東京譲渡会のブログを拝見した時に、真偽が解らなかったので記載しませんでした。
安易に書いてはいけないと思ったからです。
学生さん達も何かお手伝いしたいと思って立ち上がれたのでしょう。
ただ私の様にPCの前で座ってお茶なんか飲みながら情報収集しているのではなく、自分達の身体を使って現実に何かをお手伝いしたいと思った気持ちは素晴らしいと思います。
ただ、この時期に東京~北海道に移送させるのは、ちょっと無理だと思いました。
なので、心配になり、大阪AAさんにお電話をしてしまったのですが・・・(汗)
学生さんの東京~北海道の譲渡会は見直しされるとの事で安堵致しました。

みかんママさんがぱーくにボランティアに伺ったのは10月初めの頃でしたので、その頃よりはぱーくも改善されていると思います。
食事に関しても炊き出しをして下さっているそうですので、カップラーメンなどの食生活からは改善されていると思います。


こちらは私のネットで知り合って実際にお会いしたからのメールの数々です。
ぱーくの話しではありませんが・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メール1

ドッグぱーくの署名も終わり、気が抜けてしました・・・
何気ない毎日が過ぎていたのですが
昨日、下の子がまたワンを連れて帰ってきました。
とても酷い状態のシーズーの男の子なのです。
口の中に腫瘍ができていて、丁度ボールをくわえているような感じです。
びっくりして、すぐに病院へ連れて行きました。
でも予想したとおり、安楽死をすすめられ・・・・
でもわたしにはすぐにお願いしますとは言えなかった・・・・
とりあえず連れて帰り、夜になって違う病院へ。
そこでも同じような診察結果でしたが、
手術ができるかどうかの、検査だけしてもらえることになり、
昨日は入院させていただきました。
今日また仕事が終わり次第、病院へ行って院長先生と、
お話をしてきます。
心配です、でも元気になってもらいたいのでがんばります!

○○グリーンパークに捨てられていたその子のからだは、
どこも汚れていませんでした。
捨てられて、日にちは経っていないのでしょう。
腫瘍があんなに大きくなる前に、治療してあげていれば、
苦しい思いをすることはなかったでしょう。
本当にかわいそうでなりません。
どうなるかはわかりませんが、また報告させてくださいね。


メール2

シーズーの子は、手術できることになりましたが、
腫瘍は悪性でした・・・・
70%くらいの確率で、手術中に亡くなるかもしれないという、
説明を受けました。
でもこのままにしていても、ご飯を食べる事ができずに、
餓死するはずだ、とおっしゃるのです。
そんな苦しい最後はいやなはずです。
それほど、腫瘍の大きさがはんぱじゃない。
鼻から上顎をすべて取り除く大手術になりそうです。
ただでさえシーズーなので、マズルがないのに・・・・
本当にかわいそうで、たまりません。
甘えん坊で性格の良い子なんですよ。

○○(ガンで亡くなったご愛犬のお名前です)にかなりのお金がかかってしまったので、
今、手術代はきついなぁ~と思いましたが、命には代えられません!
せっせと働こうと、病院に着くまで考えながら・・・・
治療費の相談にのってくださいと、院長先生にお願いしました。
すると院長先生は、「普通の人間なら見て見ぬふりをするだろう、
酷い状態の子をよく拾ってきてくれたね、治療費なんていらないよ。
そのかわり、手術後大変な介護になるけど、ちゃんと面倒をみてくれる?
すごい顔になっちゃうんだよ」と子供に問いかけました。
「はい、どんな顔になっても、しっかり面倒をみます」
とうちの子と、一緒に拾ったお友達が答えました。
私は泣いてしまいました。
でも面倒をみるのはたぶん私です(^^;;)

そんな訳で、院長先生のご好意で治療費はかかりません。
ご心配、ありがとうございます。
熊さんみたいな先生が、世の中のどんなイケメンより、
すてきに輝いて見えました。オイオイ

現実問題として、手術後その子をうちで育てるのは難しい。
でもそんな状態の子を、引き受けてかわいがってくれる方は、
たぶんいないでしょう・・・・
だけど今は、そんな事を考えている時間の余裕がありません。
一日でも早く、手術に耐えられる体力を付けてもらい、
無事に終わる事を願っています。
何かあったら相談にのってくださいね、お願いします。
チーズと名づけた、その子が一番辛いのですから、
私もがんばります!


メール3

ご心配をお掛けしました。
わたしも仕事で立ち合えませんでしたが、
おとといの昼に急遽手術が決まり、ちーず(ひらがなに改名)は、
無事に手術を終えました。
夕方、面会に行ったら、しっぽを振ってくれました。
当初、鼻から先を切り落とすはずでしたが、
なんとか自分の鼻を残すことができました。
顔周辺の毛を剃っているのと、鼻が元の位置には戻らなかったので、
ちょっと、怖い?顔になりましたが、順調です!
まずは手術中に亡くなるといった事にはならなかったので、
ひと安心です。ふぅ~
まだどうなるかわからないけど、
里親さんを探す事になるようでしたら、ご協力お願いします。

本当にガンが憎い!
ちーずは今のところ、首のチューブから流動食をもらっています。
ミルクを与えても良いか、今日聞いてきます。

くまさん先生、本当に神様に見えます。
わたしの兄が言うには、獣医さん本来の姿だね、
だけど、いろいろあってそういう先生は本当に少ないねって。
悲しいけど、その通りですね。

(中略)

記事、書いてください。
わたしのメールの内容で良ければ、どこでも使ってくださいね。
よろしくお願いします。
ひとりでも多くの方に知ってもらいたい!
そして、不幸な子が少しでも少なくなれば・・・

広島はかなり寒いでしょうね。
悲しいニュースはもう聞きたくない。
本当にいろいろ考えると、いやになる。
何も言えない子達を苦しめたのも人間だと言う事、
そして、何もできない自分・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このメールを頂いて、本当に頭が下がりました・・・。
そして、お子さんの心の純粋で綺麗な事・・・。
ぱーくの元管理者さんに爪の垢を煎じて飲ませてあげたい!と思いました。
本来、動物に対して愛情があれば、このちーずちゃんの飼い主の様に、捨てたりしないでしょう・・・。
腫瘍が大きくなって、手に負えないからと自力で食べる事もできないわんこを捨てるなんてできません!
そして、どうして、もっと早くに病院へ連れて行って治療をしてあげなかったのでしょう・・・。
確かにペットの高度医療はお金がかかります。
私も愛犬1頭をガンで亡くしているので、積極的な治療・高度医療を選択すると、とても大変な金額で、尚且つ必ず助かるとは限りません。
愛犬とガンと闘っている間は必死でした。
ただ私は助からないガンであっても、何もしないで見ている事はできませんでした。
この選択が愛犬にとって良かったのか?どうか?は解りません・・・。
ただ最初に診断された命の期限より3倍近く一緒にいられただけですが、自己満足かも知れませんが、治療に関して後悔していません。
話しが脱線してしまいましたが・・・。
もし、助ける事が困難だったら、捨てたりしないで、愛犬を抱いて看取る事も選択できたと思います。安楽死という選択・・・。
私も最後、苦しむのなら、抱いて最後を看取る決意もしておりました。
それさえもしないで、捨てるという行為は、許せません。
苦しむ姿を見たくないから? それって逃げているという事?
自分の手を汚したくないから? オモチャじゃない!汚れたからポイッと捨てたの? 最後を見たくなかったから? 食事もできない子を、まして自分で狩りでもできると思ったの? 誰にも看取られずに捨てた飼い主さんを思って息絶えるかも知れないのに・・・。
動物を迎え入れた以上、最後まで責任を持って看取る事が最低限の飼い主の務めではないでしょうか?

ちーずちゃんはとても良い方に拾われて良かったと思います。
手術も無事に成功して、本当に良かった・・・。
どうか、ぱーくのわんこだけではなく、自分の周りの動物達へも目を向けて下さい。
決して迎えたわんこを捨てないで下さい。
飼えなくなったからと処分センターに持ち込まないで下さい。
きっと近くに愛護団体さんなどがあると思います。
或いは動物病院などに相談したり、いくらでもその子をの命を救える方法があるはずです。ネットでも里親募集サイトなどがあります。

このメールを頂いて、この様な優しい心を持っているお子さんがいらっしゃる事に感激してしまいました・・・。
この様な気持ちや心を持った子達が日本に増えていってくれれば、どんなに良い国になるでしょう・・・。
前出したこの方の愛犬も捨て犬でした・・・。
足に遺伝子疾患があった子で、おそらくそれが原因で捨てられていたようです。
その子の足の手術をしてあげて、そしてガンの発症・・・。
家の愛犬と同じガンでした・・・。
ぱーくのわんこ以外でも、助けを求めているわんこがまだまだたくさんいます。
毎日処分センターでは命を落としているわんこが現実にいます。
不幸なわんこが増えないように、まずは自分の愛犬の去勢・避妊手術をする事によって、それだけでも不幸なわんこが減ります。
去勢・避妊は犬だけではなく、猫ちゃんにも・・・。
どうか、これ以上不幸なペット達が増えませんよう、お願い致します。
スポンサーサイト

«  里親募集ページがUPされました!   |  home  |   とりあえず、落ち着いて  »

プロフィール

がんばれ私設応援団

Author:がんばれ私設応援団
「広島ドッグぱーく」のわんこ達が1頭残らず幸せになりますように・・・と願いを込めて、私でできる事を考えて出た結論がこのブログの開設でした。
1人でも多くの方に、この現実を知って欲しい・・・。
そして、それぞれの方が今できる事を考えて頂ければ幸いです。
アークエンジェルズさんとは無関係で非公式の個人のブログです。

リンクフリーですが、一応ご連絡頂けると幸いです。

ドッグぱーくレスキューリンク

広島ドッグぱーく 

あなたのページにも

CalendArchive

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

天使のハート

最近のコメント

フリーエリア

resucue.gif

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

きらきら星時計

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

BLUE TICK

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

ブログ内検索

Appendix

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。